お勧めコース 2                   お勧めコース一覧                                                                      

しょうゆ産業の歴史を訪ねるコース 

  野田のまちなかで醤油産業に関連する施設を巡り、
  その歴史と今を訪ねます。
         (2.8Km 所要時間約2時間30分)


・野田市駅から徒歩3分の距離に「キッコーマンもの知りしょうゆ館」があり、このコースの終了後の
 見学もお勧めです。(見学所要時間は約1時間、お客様による事前申し込みが必要です。無料)
 [現在休館中です]
                        キッコーマンもの知りしょうゆ館ホームページ⇒

・キッコーマン野田本社内に「キッコーマン国際食文化研究センター」があり、しょうゆを基本とした食
 文化の研究が行われています。展示コーナーもあり、しょうゆの歴史を始め、しょうゆについていろいろ
 と知ることができます。コースへの組み込みも可能です。
 (お客様による事前申し込みまたは当会を通しての事前申し込みができます。無料)
                      キッコーマン国際食文化研究センターホームページ⇒

・茂木本家邸に隣接して「茂木本家美術館」があり、コースへの組み込みも可能です。
 (お客様による事前申し込みが必要です。有料)
                                茂木本家美術館ホームページ⇒
・入館可の施設も休館日・催し開催などで入館できない場合もあります。

① 愛宕神社  (千葉県指定有形文化財)
  延長元年(923)、山城国愛宕郡愛宕(現・京都市右京区)から火伏の神
  である迦具土命(かぐつちのみこと)の分霊を祀って氏神としています。
  元禄年間(1688~1704)に勝軍地蔵を主祭神として野田の総鎮守となり
  ました。


② キノエネ醤油  (近代化産業遺産)
  天保元年(1830)、山下平兵衛が柏屋七郎右衛門から白木蔵を譲り受け、
  醤油醸造に着手したのがはじまりです。同社の監査役・山下和子氏は
  映画の巨匠・小津安二郎の姪にあたり、その縁もあって小津は戦後6年
  余りを野田で過ごしました。


③ 醤油発祥の地
  野田の醤油造りは、伝承では永禄年間(1558~1570)に飯田市郎兵衛が
  溜(たまり)醤油をつくり、甲斐(山梨県)の武田氏に納めたのが始まりとも
  いわれています。旧飯田家の亀屋蔵跡には記念碑が建てられています。


④ 市民会館  (国登録有形文化財・近代化産業遺産)
  大正・昭和の趣がある旧茂木佐平治邸(大正13年頃建築)は瓦・柱・壁・
  照明など細部まで心配りされ、庭園(国登録記念物)・茶室とあわせ風格
  のある建物です。野田市に寄贈され、昭和32年から市民会館として市民
  活動の拠点となっています。            市民会館ホームページ⇒


⑤ 郷土博物館
  昭和34年(1959)開館、建物は日本武道館などを設計した山田守の設計
  です。主な展示・収蔵品は醤油関係資料、郷土の歴史・民俗・考古資料
  などです。江戸時代から昭和30年代までの野田に生きた人々の生活と文化
  が常設展示されています。            郷土博物館ホームページ⇒


⑥ 旧野田商誘銀行  (近代化産業遺産)
  大正15年(1926)に建設され、明治33年(1900)に設立された「野田商誘
  銀行」(醤油の語呂に因み『商誘』と名付けられた)が使用していました。
  現在はキッコーマン関連会社の株式会社千秋社が使用しています。


⑦ 興風会館  (国登録有形文化財・近代化産業遺産)
  昭和4年(1929)竣工。建築様式はロマネスクを加味した近世復興式で
  アールデコ調の装飾も見られます。竣工当時は超モダンで千葉県内で
  県庁に次ぐ大建築と言われました。現在、大・小講堂、地下ギャラリー
  などが一般開放されています。     公益財団法人興風会ホームページ⇒


⑧ キッコーマン本社
  大正6年同社が野田醤油株式会社として設立された当時の本店は現在武道場
  「春風館道場」として残っていますが、名建築であった第二代本店(写真左)
  は平成11年に現在の本社(写真右手前)完成に伴い取り壊されました。
  現本社内にはキッコーマン国際食文化研究センターが設置されています。


⑨ 茂木本家邸  (国登録有形文化財・近代化産業遺産)
  江戸時代中期(18世紀中頃)より、醤油醸造家として発展した茂木本家の
  邸宅です。大正末期建築の書院造で、柿渋を塗った黒板塀や煉瓦塀なども
  合わせ、大正ロマンを感じさせる景観です。


⑩ 茂木七郎治邸
  江戸時代末期の建物で、野田地域で最古の住宅です。長屋門を持つ農家風
  住宅ですが、地代官であったことから代官屋敷風でもあります。一部改築
  されていますが建築当初の様子をよく残した建物です。