トップページ活動紹介お勧めコースガイド利用申し込み入会ご案内
企画ツアーご案内 野田の四季 野田の文化財  野田の人物    リンク                                     
野田の文化財
 
     野田には数多くの国・千葉県・野田市の文化財および経済産業省認定近代化産業
     遺産があります。トップページのトピックスで順次ご紹介いたします。
     トピックスでご紹介した後、このページに掲載しています。
     現在このページに掲載している文化財および近代化産業遺産は次のとおりです。
      ・近代化産業遺産にも認定の文化財は文化財のグループに入れてあります。
      ・項目名をクリックすると各項目の説明に移動します。

文化財
     <歴史的建造物・庭園>
      ・愛宕神社      [千葉県指定有形文化財]
      ・茂木本家邸     [国登録有形文化財 経済産業省認定近代化産業遺産]
      ・キノエネ醤油    [国登録有形文化財 経済産業省認定近代化産業遺産]
     <遺跡>
      ・関宿城趾      [野田市指定史跡]
     <民俗>
      ・つく舞       [国選択無形民俗文化財 千葉県指定無形民俗文化財]
     <醤油醸造>
      ・押絵扁額「野田醤油醸造之図」(野田市郷土博物館で展示)
                 [野田市指定民俗文化財]
      ・野田の醤油発祥地  [野田市指定史跡]
     <仏像・その他>
      ・須賀神社猿田彦神  [野田市指定有形文化財]

近代化産業遺産
      ・千秋社       [経済産業省認定近代化産業遺産]
        (旧野田商誘銀行)
      ・野田市立中央小学校 [経済産業省認定近代化産業遺産]

     近代化産業遺産とは
        平成19(2007)年経済産業省では我が国の産業近代化を物語る建築物・
        機械など33グループを「近代化産業遺産群」として大臣認定しました。
        その一つとして「激しい産地間競争等を通じ近代産業へと発展した利根
        川流域等の醸造業の歩み
を物語る近代化産業遺産群」が認定され、この
        遺産群に含まれる19のうち15の建造物が野田市にあります。


    愛宕神社  [千葉県指定有形文化財]
 愛宕神社は火の災難を防ぐために京都の
 愛宕の里から加具土命(火伏の神)の分
 霊を祀って氏神とし、延長元(923)年に
 創建されたと言われています。
 その本殿は文政7(1824)年に再建され
 千葉県指定有形文化財になっています。
 愛宕神社では例年左の写真のように大変
 背の高い門松が飾られています。氏子会
 の皆さんが作られるのですが、日本一の
 大門松と言われています。                                                   
     本殿の壁や柱の至る所に見事な彫刻が施されていて、この二枚の写真のような
     神話や唐子遊びをモチーフにしたものが数多くあります。これらは「匠の里」と
     いわれる上州花輪村(現在群馬県みどり市)出身の名工 二代目石原常八によるも
     のです。
     右側の写真の彫刻は「軍鶏を籠に追いやる唐子」が施されていますが、「かごめ
     かごめの歌」の元となったのではないかとも言われました。

    茂木本家邸 [国登録有形文化財 経済産業省認定近代化産業遺産]

 茂木本家は江戸時代明和3年(1766年)
 に醤油醸造を始めました。その後野田では
 醤油醸造を営む醸造家が増えました。文政
 年間(1818~1830年)には関西の醤油に
 代わり関東の濃口醤油が江戸の需要を賄う
 ようになりましたが、そのなかで野田には
 19軒で野田醤油仲間組合ができ、醤油の
 番付でも野田の醸造家が上位を占め、他の
    産地を圧倒するようになりました。大正6年には茂木本家を始めとする茂木一族6家、
    髙梨家、流山の堀切家が合同して野田醤油株式会社(現在のキッコーマン株式会社)が
    設立されました。
    茂木本家邸は主屋や複数の蔵など11棟2基で国登録有形文化財となっています。
    主屋など大部分の建造物は大正15年に建築されています。主屋は豪壮な書院造りで
    質の高い住宅です。邸内にある稲荷神社は文化5年(1808年)の建築です。
    (邸内の見学はできません)

    キノエネ醤油  [国登録有形文化財 経済産業省認定近代化産業遺産]

 醤油の街と言われる野田には江戸時代から
 明治・大正にかけては数多くの醸造元があ
 りましたが、現在は3つの会社が醤油醸造
 を行っています。
 そのうちの一社であるキノエネ醤油は創業
 が天保元年(1830)と言われる歴史ある
 醸造元で、天保11年版の関東醤油番付に
 も白木平兵衞家として載っています。

 キノエネの社名は陰陽道の五行十干(甲・乙・丙・丁・戊・己
 ・庚・辛・壬・癸)と十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・
 未・申・酉・戌・亥)を組み合わせた60組のうち一番最初の
 「甲(きのえ)子(ね)」から付けられたとのことです。
 キノエネ醤油は野田の中心部で醤油醸造を行っていますが、平
 成19年に「キノエネ醤油工場群」が経済産業省の近代化産業
 遺産に認定されました。
 また令和2年8月には、「キノエネ醤油 事務所兼主屋・旧火
 入場及び変電室」が国の登録有形文化財(建造物)に登録され
 ました。
   木造二階建ての事務所(上の写真)は明治30年の建築で、その東側に木造二階建て
   の主屋が明治36年に増築されました。事務所兼主屋と東側に続く黒い板塀の景観は
   レトロな雰囲気を醸し出しています。
   旧火入場(下の写真)は大正10年に建築された鉄筋コンクリート造り三階建ての建
   物で、野田市内で最初期の鉄筋コンクリート造りの建物です。
   (火入れ:醤油醸造において加熱し微生物を取り除き、色・味・香りを整える工程)

    関宿城趾  [野田市指定史跡]
  この写真は関宿城趾と千葉県立関宿城博物
  館です。写真の下三分の一ほどが関宿城の
  本丸の一部です。写真の上部に見える天守
  閣のような建物が関宿城博物館です。
  江戸時代、関宿城は江戸を守る重要な拠点
  と位置づけられ、幕府の老中となるほどの
  有力大名が藩主を務めました。またその所
  領の石高は最大で7万3千石でした。
  城は寛文11年(1671年)に再建され
  たもので、三層の天守閣(御三階櫓)、
   本丸を中心に二の丸・三の丸・天神曲輪・発端曲輪を配し、廻りを土塁・堀で囲んだ立派
   な城でしたが、城廃却令により明治8年に取り壊されました。また城趾は利根川・江戸川
   の繰り返し行われた河川改修などで、堤防・河川敷に埋もれたり、田畑になったりして往
   時を偲ぶ痕跡が少ないことは残念です。城趾は野田市指定史跡になっています。
    春には関宿城博物館周辺の桜が見事ですが、この城趾にも桜があり、本丸跡の桜の下で
   博物館の天守閣(御三階櫓)を眺めながら往時を偲んでみてはいかがでしょうか。
    博物館は江戸時代の城趾から500mほど離れた場所に昔の天守閣(御三階櫓)を模し
   て建造され、平成7年に開館しました。博物館のテーマは「河川とそれにかかわる産業」
   で河川改修や水運の歴史、流域の人々と川との関わりについて展示されています。また関
   宿城や関宿藩についても展示されています。(⇒関宿城博物館ホームページ

    つく舞  [国選択無形民俗文化財 千葉県指定無形民俗文化財]


    野田の中心部の上・仲・下町の三か町夏祭りは7月に行われますが、その祭りの
    中日(なかび)に「つく舞」が奉納されます。
    蛙の面を被った白装束の「ジュウジロサン」が高さ14mあまりの「つく柱」を
    曲芸的な演技を披露しながら登り、頂上の樽の上で破魔矢を放ったり、演技をし
    たりするものです。
    雨乞いの神事とも言われ、国の無形民俗文化財に選択され、千葉県の無形民俗文
    化財に指定されています。
    平成30年2月25日、NHKホールで行われた「地域伝統芸能まつり」に出演し
    ました。

    押絵扁額「野田醤油醸造之図」    [野田市指定民俗文化財] 
         
(野田市郷土博物館で展示)



                (キッコーマン株式会社所有 野田市郷土博物館寄託)

   押絵扁額「野田醤油醸造之図」は四代勝文斎の作で明治初期の醤油醸造の様子とそれを
   見学する人々が押絵で描かれています。これは明治10年に上野公園で開催された第一
   回内国勧業博覧会に野田の醤油醸造仲間が連合して出品したものと伝えられています。
 押絵扁額「野田醤油醸造之図」が展示されてい
 る野田市郷土博物館は野田醤油株式会社(現キ
 ッコーマン株式会社)から建築資金を寄贈され
 、野田市制10周年の記念事業として野田に保
 存されていた歴史的資料や収集物を後世に残そ
 うと建設され昭和34年に開館しました。建物
 の外観は隣接する純和風で書院造りの市民会館
 とマッチするよう校倉造をイメージして造られ
   ています。設計は日本武道館、京都タワーなどを手掛けた山田守氏によるものです。
 1階フロアーでは年間4回、企画展・特別展・
 市民アート展・市民コレクション展などが開催
 され、野田の歴史や人々の生活、自然、市民の
 文化活動を紹介しています。2階フロアーでは
 「野田に生きた人々の生活と文化」をテーマに
 郷土の歴史・民俗資料が常設展示されています
 が、江戸時代から明治・大正・昭和の醤油関係
 の資料・収蔵物が時代を追って豊富に展示され
   ており他に例を見ません。まさに醤油の街「野田」の博物館ならではと言えます。
   野田市指定民俗文化財としては前記押絵扁額「野田醤油醸造之図」(明治10年)に加え
   「醤油醸造絵馬」(天保15年)も展示されています。
















   ↑ 御本丸西御丸御用額
   (キッコーマン株式会社所有
    野田市郷土博物館寄託)

               →
   関東醤油番付[天保11年版]
   (野田市郷土博物館蔵)


   野田における醤油醸造の始まりは文献に残るものとしては江戸時代初期からですが、江
   戸時代後期の文政年間には関西の醤油に代わり関東産の濃口醤油が江戸の需要を賄うよ
   うになり、髙梨兵左衛門家と茂木佐平治家の醤油が上記御用額にあるように江戸城本丸
   ・西丸の御用醤油となりました。また上記の関東醤油番付でラインを引いた醸造家が野
   田の醸造家です。このように数も多く、また大関など上位を占めて、他の産地を圧倒し
   ていました。館内にはこの他にも興味深い収蔵物が数多く展示されています。

                                郷土博物館ホームページ⇒

    野田の醤油発祥地 [野田市指定史跡]
 
 野田における醤油醸造は、伝承によれば戦国時
 代の永禄年間(1558~1570)に飯田市
 郎兵衛が溜醤油を造り、甲斐の武田氏に納めた
 のが始まりと言われています。

 旧飯田家の醸造蔵(亀屋蔵)跡には、その由緒
 を記した記念碑があります。(左の写真)
 記録に残る醤油醸造としては江戸時代初期の寛
 文元年(
1661)の髙梨兵左衛門によるものが
 最も古いものです。
   その後18世紀になると、明和3年(1766)の茂木七左衞門(茂木本家)を始めとして
   豪農や資産家など醤油醸造を始める造家(醸造家)が増え、天明元年(1781)に野田
   造醤油仲間が結成されるなど野田における醤油醸造が発展していきます。
    江戸においては18世紀(~寛政年間)までは関西から送られてくる醤油(下り醤油)
   が主流でしたが、19世紀(享和年間~)になると関東の濃口醤油が優勢となり、野田
   は江戸川の舟運が有利だったこともあり一大産地となりました。
髙梨兵左衛門家と茂
   木佐平治家の醤油が幕府御用醤油になり、関東醤油番付でも野田の醸造家が上位を占め
   、他の産地を圧倒するようになりました。
   明治期に入ってからは醤油醸造がさらに盛大となり、大正6年(1917)には茂木一族
   と髙梨一族の8家による野田醤油株式会社(現キッコーマン株式会社)が誕生し、現在
   に至っています。

    須賀神社猿田彦神  [野田市指定有形文化財]
  
  この写真は須賀神社の猿田彦神像です。
  須賀神社は延享2年(1745)創建され、
  その後現在地に移されました。
  主祭神は素戔嗚尊/須佐之男命(すさのおの
  みこと)で、神仏習合の江戸時代は天王様
  <牛頭天王(ごずてんのう)>と崇められて
  いました。
  猿田彦神像は社殿の右奥にあり、文政6年
  (1823)に造立された台座を含めて2m
  を超える丸彫りの石像で、野田市の有形文
  化財に指定されています。
  猿田彦神は瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が
  高天原から日向に下る時に、天の八街(あ
  めのやちまた)で迎え、高千穂峰まで案内
  したと伝えられる神様です。


    千秋社(旧野田商誘銀行)  [経済産業省認定 近代化産業遺産]


    この建物は当初銀行の本店として建築されました。この銀行は明治33年に
    設立された「野田商誘銀行」で、設立委員のほとんどが醤油醸造家であり、
    醤油事業と密接な関係があったことから醤油の語音にちなんで「商誘」と名
    づけられたようです。右上の写真は昭和7年の同銀行のカレンダーです。
    同銀行は堅実な経営を続けていましたが、昭和になり金融統制が強化されて
    「一県一行主義」という国の要請を受け、昭和19年に千葉県下の銀行合同
    により発足していた千葉銀行と合併しました。
    この建物は大正15年に建築され、陸屋根2階建ての鉄筋コンクリート造り
    で、外観はアールデコ様式です。
    レリーフなどの装飾や玄関の円柱など、当時の銀行の重厚な雰囲気が今も感
    じられる建物です。
    千葉銀行との合併後は昭和45年まで千葉銀行野田支店として使用されてい
    ましたが、現在は清水公園を管理運営している「千秋社」が使用しています。
    (内部は業務で使用されているため、見学は外観のみです)   
  
    野田市立中央小学校  [経済産業省認定 近代化産業遺産]
 野田市立中央小学校は明治6年に施行された
 新しい学制により、同年2月「愛光小学校」
 として創立された140年以上の歴史を持った
 全国的にも最も古い小学校の一つです。
 大正、昭和前期には醤油産業の活況で人口の
 増加に伴い児童数も増大し、マンモス校とな
 りました。このため昭和3年に県下でも希な
 鉄筋コンクリート造り3階建の校舎を新築、
 さらに昭和7年には同規模の校舎が増築され
 ました。左上の写真は昭和3年に建築された
 校舎で、昭和7年に建築された校舎とともに
 現在も使用されています。
外壁の柱状のレリ
 ーフなど校舎内外ともモダンな印象を与えて
 います。

 同校では創立110周年を記念して昭和58年に
 「教育史料館」(左写真)が創設されました。
 同館は昨年リニューアルオープンし、江戸時
    代末期から現在までの教科書、写真、卒業証書など貴重な資料が数百点展示されてい
    ます。(毎月第2・第4土曜の10~15時、長期休業期間および祝日を除き開館)