トップページ活動紹介お勧めコースガイド利用申し込み入会ご案内
企画ツアーご案内 野田の四季野田の文化財 野田の人物    リンク            


 「野田の街歩きツアー」について

  平成28年に開始し昨年までに8回実施し、ご好評を頂きました「野田の街歩きツアー」
   
は、今年3月29日に第9回として路線バスで行こう 歴史のまち関宿へを下記の
  行程で実施することとしていましたが、新型コロナウイルス感染症予防の観点から中止
  させていただきました。
  今後とも「野田の街歩きツアー」は続けてまいりますが、開催日時・内容につきましては
  決まり次第、当ホームページのほか各種媒体でお知らせいたしますので、お待ち頂きま
  すようお願いいたします。

  野田の街歩きツアー路線バスで行こう 歴史のまち関宿へ
  ・コース  [歩行距離 約4.1㎞]
    川間駅 ー→ いちいのホール入口バス停 → 関根名人記念館[入館見学]
    → 関根名人記念碑・墓 → いちいのホール入口バス停 ー→ 
    関宿城博物館 [入館見学](昼食)→ 関宿城趾 → 関宿関所碑 → 
    船橋随庵碑 → 昌福寺 → 光岳寺 → 鈴木貫太郎記念館[入館] → 
    宗英寺 → 實相寺 → 中学校入口バス停 ー→ 川間駅

  コースのポイント!!

    [関根名人記念館]
    [関根名人記念碑・墓]
 関根名人記念館は平成16年4月「いちいのホー
 ル(旧関宿町役場)」の5階に開設されました。
 関根金次郎は慶応4年(1868)東宝珠花村で生ま
 れ、大正10年に将棋の13世名人になりました。
 昭和10年には、それまで340年続いた世襲制
 及び終生名人制を現在の実力名人制に変えるなど
    将棋の発展に寄与し、近代将棋の父と呼ばれています。
    記念館には関根名人ゆかりの品々、将棋に関する文献や資料などが収集・展示され
    ており、誰でも利用できる対局室も用意されています。
    「いちいのホール」の隣には金次郎の銅像のある生家があり、近くにある墓地(上の
    写真)には関根金次郎の墓と将棋の駒の形をした碑があります。

    [千葉県立関宿城博物館]
 平成7年11月、千葉県で10番目の
 博物館として開館しました。
 江戸時代、関宿城は博物館から江戸川
 に沿って500mほど南にあり、城は
 明治8年に破却されましたが、博物館
 の建物はかつての天守閣(御3階櫓)
 を模して建てられています。
 4階の展望室からは利根川と江戸川の
 分岐点を見ることができ、天候に恵ま
    れれば富士山、日光連山、筑波山など関東一円の山並みを一望することができます。
    この博物館は「河川とそれにかかわる産業」をテーマとしていて、河川改修や水運
    の歴史、流域の人々と川の関わりなどについて展示されています。また関宿藩の歴
    史についても展示されています。

    [関宿城趾]
 関宿城は寛文11年(1671年)に再建された城で天守
 閣、本丸を中心に二の丸・三の丸・天神曲輪・発端曲輪を
 配し、廻りを土塁・堀で囲んだ総面積3万2千坪の立派な
 城でしたが、城廃却令により明治8年取り壊されました。
 城趾は利根川・江戸川の幾度も繰り返された大改修で、大
    部分は堤防や河川敷に埋もれて、往時を偲ぶ痕跡は極めて少なくなっています。

    [関宿関所碑]
 関宿関所は全国でも珍しい川の関所です。徳川幕府開府初期に
 設けられ当初は幕府直轄でしたが、17世紀中頃より関宿藩に
 委ねられました。この関所では舟による江戸への人の出入り、
 積荷が厳しく改められました。関所のあった場所は、今の関宿
 橋の上流500mのあたりでしたが、その後の河川改修により
 川向こうの河川敷となっています。

    [船橋随庵(顕彰)碑]
 幕末の関宿藩の重臣で、治水工学家の船橋随庵は「随庵流」
 と呼ばれる工法を編み出し、嘉永3年(1850年)55
 歳の時に「関宿悪水落し堀」(通称は随庵堀。関宿~筵打
 20㎞ の用排水路)を完成させ、水害の激減と水腐れ地の
 美田化に大きな功績をあげました。  

    [昌福寺]
 当寺は弘法大師空海が天長5年(829年)水海村(古河市)
 に創建したと伝えられ、長禄元年(1457年)梁田氏が関宿
 城に入城した時に、関宿に移されました。 江戸時代は寺領15
 石、末寺17寺を有した名刹です。 境内の不動堂(左の写真)
 は近隣の江戸町の不動院から移設したものですが、関宿藩主の
 祈祷所として使われていたものです。
 

    [光岳寺]
 当寺は徳川家康の異父弟松平康元が天正18年(1590
 年)に初代関宿藩主になった時、家康と康元の生母である
 於大の方への孝養と子孫繁栄を祈願し創建しました。当寺
 は於大の方の菩提寺であり、寺紋は三つ葉葵です。

    [鈴木貫太郎記念館]
 第2次世界大戦の終戦時の宰相として、戦争終結に功績を
 残した鈴木貫太郎翁の遺徳を偲んで昭和38年に開設され
 た記念館です。 貫太郎翁は、慶応3年(1867年)関宿
 藩の領地であった大阪の陣屋(現堺市)で、代官の長男と
 して誕生。 海軍兵学校を卒業し、日清・日露戦争に従軍。
    海軍大将・連合艦司令長官を歴任し、侍従長時代の昭和11年 、2・26事件で
    襲われ、重傷を負いましたが、たか夫人の機転で一命を取り留めました。戦争終結
    の後は関宿に住み、昭和23年81歳で逝去。記念館は令和元年の台風19号の影
    響で臨時休館しており、ロビーで小規模展示が行われています。

    [宗英寺]
 当寺は関宿藩初代藩主の松平康元が慶長5年(1596年)
 に創建した寺院です。当寺山門を入った所には、4代古河
 公方足利晴氏および船橋隋庵の墓があります。墓所の中央
 には、松平康元の石の門扉に囲まれた立派な墓があります。


    [實相寺]
 当寺は応永16年(1409年)日英上人が創建 したと伝
 えられ、梁田氏が長禄元年(1457年)関宿城を築城し、
 水海(現古河市)から入城した時に、当寺も移されました。
  当寺は久世家の菩提寺で、代々の藩主と奥方の位牌が安置
 され、客殿は関宿城の本丸御殿の一部を移設したものです。


 これまで実施した「野田の街歩きツアー」
   第1回 平成28年11月 野田の醤油産業と小学校教育の歴史を訪ねる
   第2回 平成28年12月 紅葉の清水公園と神社仏閣を訪ねる
   第3回 平成29年3月  川と歴史の街 関宿を訪ねる
   第4回 平成29年10月 醤油醸造と輸送の歴史を訪ねる
   第5回 平成30年3月  野田の美術探訪
   第6回 平成30年10月 名建築を訪ね 野田の歴史文化に触れる
   第7回 平成31年3月  桜咲く山崎貝塚から利根運河へ
   第8回 令和元年11月  野田の紅葉と史跡探訪