トップページ活動紹介お勧めコースガイド利用申し込み入会ご案内
企画ツアーご案内 野田の四季 野田の文化財  野田の人物    リンク              
野田の四季
         春      夏      秋      冬  
     
     トッピクスでこれまでご紹介してきた季節の風物を「野田の四季」として
     まとめています。お楽しみいただければ幸いです。
     なおトピックスは皆さまに野田にお越しいただく参考になるように、少し
     早めのご案内をしております。

    野田の四季を走る まめバス

                               清水公園 さくら

          みずきの街・ハナミズキ           川間・イチョウ

     野田市のコミュニティバス「まめバス」は平成16年1月から運行が開始されま
     したが、「ミニサイズ」「こまめに乗ってもらう」「野田が全国有数の枝豆の産
     地」ということで名付けられました。
     私達ガイドの会のメンバーが街なかでガイドしていると、「まめバス」に出会う
     ことがあります。野田市外からお見えになったお客様から「あれはなんですか」
     「屋根に乗っているのはなんですか」とよく聞かれます。「コミュニティバスで、
     屋根の上は枝豆のオブジェです」とお答えすると、「よそでも同じようなバスを
     見るけれど、枝豆がユニークだし、キャラクター(まめ太郎)が可愛くて、いい
     ですね」と言われています。

    
(3月)
  「日本さくら名所百選」にも選ばれ
  ている清水公園では3月下旬から4
  月上旬までさくらまつりが開催され
  ます。
  
  



  
  さくらの季節が巡ってくると野田の
  各所でさくらが咲き誇ります。
  左の写真は名所のひとつである県立
  関宿城博物館周辺の風景です。
  博物館周辺では関宿城さくらまつり
  が4月に開催され、まつりのメイン
  として武者行列が行なわれます。


  報恩寺境内に咲くシダレザクラです。
  野田の三大シダレザクラの一つとも
  言われています。
  報恩寺は応永2年(1395)宥誉上人
  により創建されたと伝えられ、江戸時
  代には末寺24ヶ寺を有して幕府から
  御朱印状5石を拝領していた寺院です。



  利根運河の桜です。利根運河は野田市と流山市・
  柏市の間にある利根川と江戸川を結ぶ8.5㎞の
  運河で明治23年に完成しました。
  当時は1日100隻の船が航行し、利根川・江戸
  川との接続地には商家も並んで賑わっていました。
  また運河開通翌年には堤防上に数千本の桜が植樹
  されて名所となり、近在や東京からも花見客がや
  って来ました。昭和16年の洪水で運河は大きな
  被害を受け、桜も伐採されてしまいました。
  その後再び桜が植樹され、今では写真のように見
  事な景観となっています。両岸ともサイクリング
  ロードが整備されていて桜の花の下、サイクリン
  グを楽しむことができます。


  写真中央の桜は清水公園に隣接する金乗
  院境内に咲く「劫初の桜」です。
  この桜は樹齢100年を超えているとも
  言われていますが、途中から自根を伸ば
  し、地面に達すると活力を盛り返し再生
  しました。仏教の世界では宇宙は成劫
  (じょうこう)、住劫(じゅうこう)、
  壊劫(えこう)、空劫(くうこう)の4
  つの劫がサイクルとなって、消滅を繰り
      返し、新しい世界が再び生ずる成劫の始めの時期を「劫初」と言います。再生し
      たこの桜は、平成元年金乗院加藤純章住職により「劫初の桜」と命名されました。


(4月)
  清水公園ではさくらに続き、100
  種・2万本のつつじが見事です。
  4月下旬から5月上旬までつつじま
  つりが開催されます。






      清水公園ではさくらに続き様々な花が楽しめる季節になると、つつじのほか
      に、左上の金乗院境内のボタンや右上のフィールドアスレチィック水上コース
      前の藤棚などが心を和ませてくれます。 


  實相寺境内に咲く牡丹です。
  實相寺は別名「牡丹寺」とも言われています。
  實相寺は約610年前の応永16年(1409)日英上人
  によって創建されたと伝えられています。ここには関宿
  藩主久世氏代々の位牌が安置されています。また客殿は
  関宿藩21代藩主久世広周が蟄居していた時に住んでい
  た関宿城本丸の一部を明治4年城廃却令により移築した
  と言われています。





      桜が終わるといろいろな花が次々と咲いてきます。左上は清水公園花ファン
      タジアのグラスハウスをバックに咲くネモフィラ、右上は同じく清水公園花
      ファンタジアの水面に美しく映る藤です。


(5月)
  清水公園では梅から桜そしてつつじ
  と美しい花々が目を楽しませてくれ
  ますが、樹々の緑が増して爽やかな
  な季節が訪れます。







     野田の中心街本町通り下町の須賀神社
     境内に咲くアジサイです。
     明治後半に建てられた須賀神社の社殿
     は土蔵造り風の煉瓦蔵でしたが、平成
     23年の東日本大震災で大きな被害を
     受け、現在のように再建されました。




    
      上花輪歴史館周辺の風景です。
      江戸時代初めの寛文元年(1661)に醤油醸造を始め、また江戸時代を通して
      上花輪村の名主を務めた旧家である髙梨本家の邸宅が上花輪歴史館として一般
      に公開されています。屋敷内には明和3年(1766)に建てられた門長屋、
      文化3年(1806)に建てられた書院などが現存し、書院を中心に主屋ほかの
      建物および庭園が「髙梨氏庭園」として国の名勝に指定されています。
      左の写真は上花輪歴史館の向いにあって、醤油を醸造していた「れんが蔵」
      です。昭和7年に建てられた大変趣きのある建物です。(現在醸造は行われて
      いません)
      右の写真は上花輪歴史館から江戸川に続く道路沿いの立派なけやき並木です。
      この並木は「髙梨氏庭園」の一部として国の名勝に追加指定されました。


  関宿地区の牧場の風景です。関宿地区
  では酪農が営まれていますが、これは
  第二次世界大戦終戦時の総理大臣とし
  て戦争終結に功績を残した鈴木貫太郎
  の勧めによるものと言われています。
  鈴木貫太郎は慶應3年、関宿藩の領地
  であった和泉国(現在は堺市)で代官
  の長男として誕生し、明治維新後小学
  校まで関宿で暮らしました。終戦後関
  宿に戻った鈴木貫太郎は農業の必要性
      を感じ、耕作面積の小さい関宿では、堤防を上手に使って牧草を育て乳牛を飼う
      べきだと説きました。これに共感する人が次第に増えて、酪農が盛んになったと
      言われています。


    
(6月)
  
  梅雨が明けると野田の各所で夏祭
  りが始まります。野田の中心部の
  上・仲・下町の三か町夏祭りでは
  「つく舞」が奉納されます。
  蛙の面を被った白装束の「ジュウ
  ジロサン」が高さ14mあまりの
  「つく柱」を曲芸的な演技を披露
     しながら登り、頂上の樽の上で破魔矢を放ったり、演技をしたりするものです。
     雨乞いの神事とも言われ、千葉県の無形民俗文化財に指定されています。7月中旬
     の夕刻行われます。




     興風会館前を練り歩くみこしパレードです。みこしパレードは平成2年に市制
     40周年事業として始められました。例年7月下旬か8月上旬に開催され市内各地
     から10基ほどの神輿が参加します。なかには蛙や獅子という珍しい神輿もあり、
     人出も多く熱気溢れるパレードです。
     興風会館は昭和4年に竣工した建物で平成9年国登録有形文化財となりました。
     右の写真は平成30年に改装された大講堂です。


  清水公園の富士塚で行われている開山
  式の様子です。富士塚は富士信仰に基
  づき富士山を模して造営された人工の
  塚です。清水公園の富士塚は明治9年
  に築かれ、浅間様とも呼ばれています。
  毎年7月1日に清水公園隣接の金乗院
  により開山式が執り行われます。開山
  式は神式で行われることが多いのです
     が、ここでは仏式で行われます。



(7月)
  野田では7月から各所で夏祭りが行わ
  れますが、「野田夏祭り躍り七夕」は
  8月上旬に野田中心部で開催されます。
  華やかな竹飾りのなかでおどりパレード、
  吹奏楽パレードやいろいろなイベントが
  賑やかに繰り広げられます。
  左の写真は当会会員安福敏一が撮影し
  平成28年野田の観光写真コンクール
  で野田市長賞を受賞した「いざ七夕へ」
  という作品です。





 キッコーマン株式会社本社のけやき並木
 です。野田の中心街にあり、春は芽吹き
 の爽やかな緑、夏は暑い日差しを遮り、
 秋は穏やかな紅葉と目に優しく、気持ち
 をほっとさせてくれる並木です。
 この建物は大正6年に創立された同社の
 三代目の本社です。





     関宿の夏の風物2題です。関宿台町では例年7月に「ひまわりまつり」が開催
     されます。9haの田に咲く40万本のひまわりは見事です。関宿ふれあい広場
     (宝珠花橋下河川敷)では例年8月に「関宿まつり花火大会」が開催されます。


(8月)
  一足早く萩の咲く風景をご案内いた
  します。
  ここは公益財団法人髙梨本家上花輪
  歴史館です。豪壮な冠木門から江戸
  時代に建てられた門長屋に続く道の
  両側に白萩が見事に咲いています。
  この歴史館は江戸時代に上花輪村(
  現在の野田市上花輪)の名主を務め
  た髙梨兵左衛門家の邸宅で、17世
  紀から醤油醸造を家業としていまし
  た。歴史館の建物、庭園は国の名勝
  に指定されています。
 

 


 
    
(9月)
  秋めいてくるころ、千葉県立関宿城
  博物館をバックにコスモスの咲く風
  景です。
  関宿は野田の最北端で利根川と江戸
  川の分岐点です。ここは歴史上で重
  要な地域であり、室町時代・江戸時
  代ここに関宿城が築かれていました。
  関宿城博物館では河川に関わる歴史
      と江戸時代の関宿藩について展示・紹介されています。また終戦時の総理大臣
      鈴木貫太郎は関宿にゆかりがあり、その業績を紹介する鈴木貫太郎記念館があ
      ります。


  清水公園花ファンタジアのコキアです。
  コキアはホウキギの和名のとおり、刈
  り取って陰干しにして箒をつくるのに
  利用されます。
  夏は爽やかな緑色ですが、秋になると
  写真のように美しく紅葉します。




 東武アーバンパークライン川間鉄橋付近の江戸川
 の堤防に彼岸花が美しく咲いています。
 江戸川と堤防の間に見えるのはサイクリ
 ングロードです。野田市の北端には利根
 川と江戸川の分岐点があり、南端は利根
 川と江戸川を結ぶ利根運河があります。
 東に利根川、西に江戸川、南に利根運河
 と野田市全体が川と運河に囲まれている
 ことになります。このことから「野田は
     島のようだ」とも言われますが、この地の利を活かして、サイクリングロードが利
     根川、江戸川、利根運河の堤防に備えられ、一周約60㎞のサイクリングを楽しむ
     ことができます。


  夕刻の江戸川です。赤みを帯び始めた
  雲が悠々と流れる川の水面にも映って
  見ているとゆったりとした気分にさせ
  てくれます。
  江戸川の土手に上がると天気が良けれ
  ば、西に富士山、東に筑波山を望むこ
  とができます。



  清水公園花ファンタジアのムラサキシ
  キブです。光沢のある鮮やかな紫色の
  実がびっしりと付いています。
  赤い実を付ける樹木は多いですが、紫
  色の実を付ける樹木は多くありません。
  名前の由来ですが、江戸時代初期には
 「みむらさき(実紫)」「たまむらさき
 (玉紫)」と呼ばれていたようですが、
     紫色の実が敷き詰められたように付くことから「むらさきしきみ(紫敷き実)」や
     紫色の実が茂ることから「むらさきしげみ(紫茂実)」とも呼ばれ、これが訛って
     「むらさきしきぶ」になったとの説があります。また一説には江戸時代の植木屋が
     源氏物語の作者「紫式部」になぞらえて付けたとも言われています。


(10月)
  11月10日にはキッコーマン本社近
  くにある琴平神社の例祭が行われます。
  12年毎の申年には大祭が催されます。
  例祭時は菊花展が開催され、丹精込め
  て育てられた数多くの菊が展示されて、
  参拝者の目を楽しませてくれます。





     秋が深まり紅葉の季節が訪れると、野田市郷土博物館・市民会館隣りの
     茂木佐公園のイチョウが黄葉します。
     茂木佐公園は大正末年、茂木佐平治家の所有地が公園として一般に開放
     されたものです。そこにあるイチョウの大木は11月頃に黄金色に輝き
     大変見事なもので、毎年多くの方が楽しみにしておられます。


  11月10日に例祭が行われる琴平神
  社は醤油醸造家二代茂木七郎右衛門が
  讃岐の金刀比羅宮に参籠して分霊を勧
  請したものです。邸内神ですが11月
  10日の例祭を始め毎月10日は一般
  参拝のために開門されています。
  平成30年3月には柏屋家の邸宅など
  が国登録有形文化財となりました。
  18件の建造物で構成されていますが、
     琴平神社関係では写真の本殿の他に神楽殿、額殿、手水舎が含まれています。


  清水公園花ファンタジアで咲く白と紫
  のシュウメイギクの優雅な姿です。
  シュウメイギクは菊ではなくキンポウ
  ゲ科に属す花でアネモネの仲間です。
  英語ではジャパニーズアネモネ(japa-
  nese anemone)と呼ばれていますが
  原産地は中国で古い時代に日本に伝わ
  り、京都の貴船で自生するようになっ
      たとされています。
      シュウメイギクは八重咲きの姿が菊
      に似ていることからシュウメイギク
      と名付けられたようです。漢字では
      「秋明菊」と書きます。「秋に咲い
      て明るく彩る菊の花」ということの
      ようです。中国では「秋冥菊」と書
      き「秋に咲くこの世のものとは思え
      ないほどに美しい菊の花」ということで名付けられたようです。日本では「冥」
      が冥土につながると捉えられたのか、「冥」に代えて「明」としたようです。
      また京都の貴船で自生したことから「キブネギク」とも言われます。


(11月)
   秋が深まってくると寒さに体を慣ら
   すのが大変ですが、目には紅葉が美
   しく映る季節になります。
   写真は清水公園にある金乗院境内の
   紅葉です。金乗院は室町時代に開山
   された歴史ある寺院です。江戸時代
   に建造された仁王門と仁王像、樹齢
      が100年を超える劫初の桜、野田市指定民族文化財の算額などが見どころです。

   
   冬の訪れを前にして紅葉も終盤の美
   しさを競っています。
   写真は野田市市民会館の庭園です。
   庭園は国の登録記念物で、大泉水の
   庭、流れの庭などで構成され、大変
   趣きのある庭園です。





   清水公園「もみじ谷」の紅葉です。
   清水公園ではいろいろな樹木の紅葉
   が楽しめますが、まるで「もみじの
   トンネル」を通っているかのように
   も感じられる「もみじ谷」はお勧め
   スポットの一つです。




   左の写真は清水公園の仁王門傍の広場にある
   メタセコイアの紅葉です。
   広場の中央で枝を広げた堂々とした姿は大変
   目立ちます。
   メタセコイアはアケボノスギ(曙杉)とも呼
   ばれるスギ科の樹木ですが、針葉樹としては
   珍しい落葉樹です。
   下の写真は1年間の姿の移り変わりです。

                       早春     初夏     夏     冬


    
(12月)
   本格的な冬が到来し、厳しい寒さが
   続くと、野田市内から富士山がくっ
   きり見えるようになります。
   野田市の4つのポイント(関宿城博
   物館、江戸川スーパー堤防、みずき
   の街、玉葉橋)から見える富士山が
   国土交通省の「関東富士見百景」の
   1景に選定されています。この写真
      は夕日が富士山頂に沈むタイミングで撮影されたもので、「ダイヤモンド富士」
      と言われています。野田で見られるのは冬至の前後です。撮影地は江戸川堤防
      の玉葉橋付近です。


 愛宕神社は火の災難を防ぐために京都の
 愛宕の里から加具土命(火伏の神)の分
 霊を祀って氏神とし、延長元(923)年に
 創建されたと言われています。
 愛宕神社では例年左の写真のように大変
 背の高い門松が飾られています。氏子会
 の皆さんが作られるのですが、日本一の
 大門松と言われています。               



  野田市駅から本町通りに続く有吉町通
  りの夜景です。
  夜の闇のなかに街灯の明かりで建物が
  浮かび上がり、後方にうっすらと醤油
  のタンクが見える美しい景色です。



  野田市市民会館玄関の正月の室礼(し
  つらい)です。室礼とは飾りや調度を
  その場に相応しく整えるということで
  起源は平安時代に遡ると言われます。
  正月、節分、雛祭り、端午など四季折
  々の節目に相応しい飾り付けが行われ
  ます。市民会館では「室礼サロンたの
  しい和」の皆さんが毎月、季節に合わ
  せた室礼を玄関他いくつかの部屋で、
  飾り付けておられます。
  
  


(1月)
   厳しい寒さが続く頃、野田市内から
   富士山が美しく見えるようになりま
   す。この写真は国土交通省選定「関
   東の富士見百景」の1景のなかの4
   つのポイントのひとつ関宿城博物館
   と富士山です。
   関宿城博物館最上階の展望室からは
   富士山、日光連山、筑波山など関東
                          の山々を眺めることができます。


   厳しい寒さのなか、清水公園に隣接
   する金乗院境内で咲く冬牡丹です。
   牡丹は中国原産で、日本へは平安時
   代に渡来し、寺院などに植えられま
   した。色彩が鮮やかで大きな花が咲
   くことから観賞用として普及しまし
   たが、元々は薬用として生れ消炎、
   止血、鎮痛などに効用があるとのこ
   とです。下腹部の腫れや痛みで座り
      込んでしまう症状を改善することから「座れば牡丹」と言われたという説もある
      ようです。冬牡丹と書きましたが、冬に咲く牡丹を寒牡丹とも言います。実はこ
      の二つは別種で、冬牡丹は春に咲く品種を1・2月に咲くように栽培したもの、
      寒牡丹は春と冬に花をつける二季咲きの品種で、その見分け方は葉のあるものが
      冬牡丹、葉のないものが寒牡丹とのことです。

     (2月)


      清水公園に花の季節が巡ってきます。清水公園は「さくら名所百選」にも選定
      されていて、桜が有名ですが、そのほかにも梅、つつじ、アジサイ、椿など多
      くの樹木が植えられています。これから第一公園の梅林を中心に併せて20種
      200本の梅が見事に咲き、目を楽しませてくれます。メジロも梅の花を愛で
      ているかのようです。




     立春を過ぎると雪の降る日もありますが、日の長さや花の開花など少しずつ
     少しずつ春を感じられるようになってきます。木々の芽吹きも始まらない季
     節に、いち早く春の訪れを告げる花木に梅とマンサクがありますが、2枚の
     写真は金乗院境内で咲く梅とマンサクの花です。
     マンサクは開花期が早いことから「まず咲く」が変化したともいわれています。
     また花がよく咲けば豊作など、稲の作柄を占う植物として古くから人との深い
     つながりがあり、そこから「満作」の名がついたとも言われています。


  早春の江戸川の土手のつくしと菜の花
  の様子です。
  野田市は全域が利根川、江戸川、利根
  運河に囲まれ、それらの土手が続いて
  います。
  土手には様々な植物が季節の訪れにつ
  れて茂り、咲き、目を和ませます。



     野田市市民会館で飾られるひな人形、つるし雛です。
   


    市民会館では「室礼サロンたのしい和」
    の皆さんが季節に合わせた室礼(飾りや調度をその場に相応しく整えること)を
    毎月、玄関や各部屋で飾り付けておられます。毎月変わる飾り付けを見ることを
    楽しみに来館される方もいらっしゃいます。
    3月3日のひなまつりを前に玄関、各部屋にひな人形が飾られています。
    これらのひな人形は市民の皆さんから寄贈されたものですが、なかには昭和初期
    のひな人形も飾られているとのことです。写真にあるようにつるし雛も飾られて
    いますが、「室礼サロンたのしい和」の皆さんの手作りのものです。