トップページ活動紹介お勧めコースガイド利用申し込み入会ご案内
企画ツアーご案内 野田の四季 野田の文化財   リンク  
    
     お勧めコース:5つのお勧めコースの行程・地図・主な見どころとその説明を記載しています
     野田の四季 :トピックスで採りあげてきた野田の風物を季節ごとにまとめてご紹介しています
      野田の文化財トピックスで採りあげてきた野田の文化財をまとめてご紹介しています

  トピックス 「関宿地区の牧場」
                      (このページの後半に掲載していますので、ご覧ください)
   おもてなしトイレ開設 (野田商工会議所別館)
                       (活動紹介ページに掲載していますので、ご覧ください)
水と緑と歴史の街「むらさき(しょうゆ)の里 野田」を歩いてみませんか!                 

千葉県PRマスコットキャラクター
「チーバくん」は千葉県の形を
しています。
鼻の先の黒いところが野田です。
[千葉県許諾 第A1287-1号]
 野田市市民会館を拠点に活動するボランティアガイド
 グループ「むらさきの里 野田ガイドの会」がご案内い
 たします。
  ・街歩きガイド(予約制)
  ・土・日・祝日の市民会館常駐ガイド
  ・出前によるスライドガイド(予約制)
   (詳しくは活動紹介をご覧ください)

 最寄の野田市駅には東武鉄道野田線(アーバンパークライン)で、
 JR柏駅から20分、つくばエクスプレス流山おおたかの森駅
 から14分、JR大宮駅から43分(急行37分)です。

  トピックス

   関宿地区の牧場
 
 トピックスはこれまで写真
 と文章でご紹介してきまし
 たが、今月は淡彩スケッチ
 画でご覧いただきます。
 この画は関宿地区の牧場の
 風景です。
 関宿地区では酪農が営まれ
 ていますが、これは第二次
 世界大戦の終戦時の総理大
 臣として戦争終結に功績を
 残した鈴木貫太郎の勧めに
 よるものと言われています。
 鈴木貫太郎は慶應3年、関
 宿藩の領地であった大阪の
    陣屋(現在は堺市)で代官の長男として誕生し、明治維新後小学校まで関宿で暮らしま
    した。終戦後関宿に戻った鈴木貫太郎は農業の必要性を感じ、耕作面積の小さい関宿で
    は、堤防を上手に使って牧草を育て乳牛を飼うべきだと説きました。これに共感する人
    が次第に増え、酪農が盛んになったと言われています。

      関宿はお勧めコースのなかの「5.関宿を訪ねるコース」でご紹介しているように見どこ
    ろが数多くあります。私たち「むらさきの里 野田ガイドの会」が ガイドさせて頂い
    ておりますので、お気軽にお問い合わせください。


  お問合せ先
      〒278-0037 野田市野田370-8 野田市郷土博物館・市民会館内
        「むらさきの里 野田ガイドの会」
TEL:04-7124-6851
FAX:04-7124-6866