トップページ活動紹介お勧めコース入会ご案内
企画ツアーご案内 野田の四季 野田の文化財  野田の人物    リンク 
    
     お勧めコース:5つのお勧めコースの行程・地図・主な見どころとその説明を記載しています
     野田の四季 :トピックスで採りあげた野田の風物を季節ごとにまとめてご紹介しています
     野田の文化財トピックスで採りあげた野田の文化財をまとめてご紹介しています
     野田の人物 トピックスで採りあげた野田の人物をまとめてご紹介しています


  NEW! トピックス 「旧花野井家住宅 [国指定重要文化財]
                  (このページの後半に掲載していますので、ご覧ください)
    ガイドの申込みがパソコン・スマートフォンで
                             できるようになりました

                    (ガイド利用申し込みページからお申し込みください)
       トピックス 東武鉄道野田線(アーバンパークライン)野田市駅
                    ~柏駅間が開通110周年を迎えました」
                  (このページの後半に掲載していますので、ご覧ください)
      チバテレの「はじめまして!僕、新浜レオンです!!」で
                                野田が紹介されました

                   (このページの後半に掲載していますので、ご覧ください)

水と緑と歴史の街「むらさき(しょうゆ)の里 野田」を歩いてみませんか!                 

千葉県PRマスコットキャラクター
「チーバくん」は千葉県の形を
しています。
鼻の先の黒いところが野田です。
[千葉県許諾 第A1287-1号]
 野田市市民会館を拠点に活動するボランティアガイド
 グループ「むらさきの里 野田ガイドの会」がご案内い
 たします。
  ・街歩きガイド(予約制)
  ・土・日・祝日の市民会館常駐ガイド
  ・出前によるスライドガイド(予約制)
   (詳しくは活動紹介をご覧ください)

 最寄の野田市駅には東武鉄道野田線(アーバンパークライン)で、
 JR柏駅から20分(急行16分)、つくばエクスプレス流山
 おおたかの森駅から14分(急行11分)、JR大宮駅
 から43分(急行35分)、 東武スカイツリーライン春日部駅
 から21分です。
  お問合せ先
    〒278-0037 野田市野田370-8 野田市郷土博物館・市民会館   
TEL:04-7124-6851
FAX:04-7124-6866
   トピックス

   旧花野井家住宅  [国指定重要文化財]

 今月は清水公園の隣接地
 にある旧花野井家住宅を
 ご紹介します。
 この住宅は流山市前ケ崎
 にあった花野井四郎氏の
 住宅を昭和46年、野田
 市が寄贈をうけて、この
 地に移築したものです。
 花野井家は江戸時代には
 幕府直轄の牧である小金
 牧で、牧を管理する牧士
 を世襲した家柄です。
 
 江戸時代、北総台地の東側には佐倉牧、西側には小金牧が設
 置され、小金牧は現在の柏市、流山市、鎌ヶ谷市、松戸市、
 船橋市に広がっていました。牧で馬は放し飼いにされていて
 馬が逃げ出さないように周囲に高い土手(野馬土手)が築か
 れていました。現在でも各地で野馬土手の痕跡を見ることが
 できる場所があります。
 牧では年に一度の「野馬捕り」で数百頭が捕らえられ、その
 うち数十頭は献上馬として幕府などへ納められ、残りは農耕
 馬として牧周辺の農民たちに売られていました。

 旧花野井家住宅は構造や形式から江戸時代前期(17世紀後
   半)に建造されたものと思われ、右側に畳敷きの部屋3室、中央に「ひろま」など板の間
   2室、左側に土間を配置するなど東関東地方古民家の一典型で、現存するもののなかでは
   最も初期的な構造として価値が高く、昭和44年に国の重要文化財に指定されました。
   建物内部も土間からは見学することができ、また写真のように土間にある「かまど」では
   茅葺き屋根の耐久性向上や防虫のために、くぬぎや楢を燃やした煙により燻蒸しています。


   東武鉄道野田線(アーバンパークライン) 野田市駅~柏駅間が
                          開通110周年を迎えました



   左は開業当時の機関車、右は乗り物公園に移設された開業時の野田町駅舍
                              (野田市郷土博物館蔵)

   東武鉄道・野田線(アーバンパークライン)については3月に梅郷駅~野田市駅~愛宕
   駅~清水公園駅間が高架化されたことをお知らせしましたが、5月には野田市駅~柏駅
   間が開通110周年を迎えました。明治44年5月9日に同線の前身である千葉県営軽
   便鉄道野田線として野田町駅~柏駅間が開通しました。
   それまで醤油の一大産地である野田では醤油の原料である大豆・小麦・塩の輸送および
   醤油の出荷に江戸川などの舟運を利用していました。
   全国に鉄道の敷設が進むなか、すでに開通している信越線(直江津~高崎)などの鉄道
   を利用して原料の調達を行なっていた野田の醤油醸造家が鉄道の利便性を実感し、野田
   への鉄道敷設を県に請願し、野田~柏間に県営鉄道が開通することになりました。
   当初県は県内にあった鉄道連隊の資材を利用しようとしましたが、機関車などが当時の
   国有鉄道の車両に較べて小型で線路幅も狭いものでした。醸造家は柏で国有鉄道(常磐
   線)に貨車が直接乗り入れられるよう県に申し出て、県も野田町が敷設費用20万円の
   県債を全て引き受けることを条件に、国有鉄道と同じ線路幅の鉄道が敷設されました。
   軽便鉄道は小型の車両を使用して線路幅も狭いことが多いのですが、このような経緯で
   千葉県営軽便鉄道野田線の名称は軽便鉄道ですが、国有鉄道と同じ線路幅でした。
   その後路線の延長が進められ、大正12年12月に船橋~柏間、昭和4年9月に野田町
   ~清水公園間(この時野田町駅が現在の野田市駅の位置に移転)、昭和5年10月野田
   町~大宮駅間が開通し、現在に至っています。
   なお開業当時の野田町駅舍は、その後昭和5年からは川間駅駅舍として利用され、更に
   昭和46年からは清水公園に開設された乗り物公園の管理棟となりましたが、昭和61
   頃閉園しました。


     野田市駅~梅郷駅間を走行する電車     高架になった現在の野田市駅駅舍


  チバテレ(千葉テレビ)の「はじめまして!僕、新浜レオンです!!」で
                                野田が紹介されました。

    歌手の新浜レオンさんが県内各地を訪れるチバテレ(千葉テレビ)「はじめまして!
    僕、新浜レオンです!!」が野田で収録・放送されました。 収録では当会メンバー
    が野田の中央地区および関宿地区を案内しました。
 2月8日に「野田市散歩
 パート1」が放送されま
 した。レオンさんが野田
 の各所を訪ね、醤油の種
 類、製造、歴史などが紹
 介されました。当会メン
 バーは野田市郷土博物館
 や野田醤油発祥の地で醤
 油の歴史などを説明しま
 した。左の写真は野田市
 郷土博物館で説明を聞く
 レオンさんです。

2月15日には「野田市散歩パート2」が
放送され、関宿地区が紹介されました。当
会メンバーが関宿城博物館、光岳寺、實相
寺で関宿の歴史や太平洋戦争終戦時の総理
大臣鈴木貫太郎翁について説明しました。
左の写真は関宿城博物館前で「関宿さくら
まつり」に登場する甲冑隊の衣装を着けた
レオンさんです。

番組ホームページ https://www.chiba-tv.com/program/detail/1112

番組で紹介されたキノエネ醤油、醤油発祥
の地、郷土博物館など醤油産業に関連する
施設を巡る「醤油産業の歴史を訪ねるコース」
をこのホームページのお勧めコースで紹介
しています。
関宿地区については「関宿を訪ねるコース」
                        をお勧めコースで紹介しています。