トップページ活動紹介お勧めコースガイド利用申し込み入会ご案内
企画ツアーご案内 野田の四季 野田の文化財  野田の人物    リンク                                      
 野田の人物
   鈴木貫太郎翁とタカ夫人

 令和2年8月15日は第二
 次世界大戦(太平洋戦争)
 終戦から75年となります。
 関宿にゆかりがあり終戦時
 の総理大臣として戦争終結
 に大きな功績を残した鈴木
 貫太郎翁とタカ夫人につい
 てご紹介いたします。
 鈴木貫太郎翁は慶應3年に
 関宿藩の領地であった和泉
 国伏尾(現在堺市中区伏尾)
 の「陣屋(代官役所)」で
   代官の長男として誕生し、明治維新の後は小学校まで関宿で暮らしました。その後海軍
   兵学校を卒業して海軍軍人となり、海軍次官・連合艦隊司令長官・海軍軍令部長を歴任
   し、昭和4年に侍従長、昭和20年に内閣総理大臣となりました。総理大臣としては映
   画の「日本のいちばん長い日」などでも描かれていますが軍部が戦争継続を主張するな
   かで苦心しながら終戦に導きました。終戦後は関宿に戻り関宿の発展のため利根川・江
   戸川の堤防で育てた牧草を活かした酪農への取り組みを率先して進めましたが、昭和2
   3年逝去しました。
   逝去前貫太郎翁は危篤状態で口がきけなくなっていましたが、突然唇が動き非常にはっ
   きりとした声で「永遠の平和、永遠の平和」と二度繰り返し、再び口を開くことなくま
   もなく永眠したとのことです。
   貫太郎翁の居宅跡地の隣に鈴木貫太郎記念館(昨年の台風被害を受け休館中)があり.
   上の写真ように「為萬世開太平」と記された(貫太郎翁の自筆)塔が立っています。
   この言葉は終戦の詔書にある言葉で「永遠の平和を築く」という意味で、貫太郎翁が最
   後に発した言葉やこの自筆の言葉からいかに平和を願っていたかが偲ばれます。

 左の写真は鈴木貫太郎記念館にある御影石の
 五輪塔です。正面には萬霊供養塔と刻されて
 てます。この供養塔は昭和42年に85歳の
 タカ夫人が貫太郎翁の一九回忌に奉納したも
 のです。
 タカ夫人は昭和天皇が4歳から14歳になる
 まで養育係を務め、大正4年に貫太郎翁と結
 婚しました。昭和11年2・26事件で貫太
 郎翁が襲撃された時、気丈な対応が貫太郎翁
 の一命を取り留めたとも言われています。
 タカ夫人は貫太郎翁の没後も関宿に居住して
 、酪農の推進など関宿の発展に尽力し、昭和
 46年に逝去しました。
 この供養塔の銘文には「為 日清日露両戦役/
 太平洋戦/戦死病没者諸霊/殉国出陣学徒/原爆
 被災諸霊/追善菩提」、「大乗妙典一字一石寫
 経奉納」とあることから、明治以降の戦没者
 の供養のため、法華経経典の一字一字を小石
   に墨書した後に塔を建てたものであろうと言われています。
   貫太郎翁が「永遠の平和」を願ったように、タカ夫人もまた平和を祈念してこの供養
   塔を建立したのではないでしょうか。
     
   近代将棋の父「十三世名人関根金次郎」

 11月17日は「将棋の日」です。これは
 昭和50年に日本将棋連盟によって制定さ
 れました。現在に続く将棋連盟の設立にも
 尽力した野田市関宿出身の将棋十三世名人・
 関根金次郎についてご紹介します。
 関根金次郎は慶應4年(1868)4月、下総
 国東葛飾郡東宝珠花村(現野田市東宝珠花)
 に生れました。将棋の才能に恵まれ、少年
    時代には近隣で「宝珠花小僧」と言われるほどの強さになりました。明治11年には
    後の十一世名人伊藤宗印を東京に訪ね、指導を受けまました。この時「必ず立派な将
    棋指しになる」と心に誓ったと言われています。その後関東・東北・関西・九州・四
    国へ将棋修行の旅に出るなどして実力を磨いていきますが、この間宿命のライバルと
    言われた関西の雄「阪田三吉」とも数多くの名勝負を重ねました。そして大正10年
    54歳で遂に十三世名人に就位しました。
    ここで将棋の名人制について少しご説明します。
    慶長17年(1612)大橋宗桂は徳川幕府に五十石五人扶持を賜り、将棋の家元とな
    りました。江戸時代を通じて名人は大橋本家・大橋分家・伊藤家の世襲制、かつ終身
    制となりました。享保元年(1716)には八代将軍吉宗は将軍の御前で指す「お城将
    棋」を年一度11月17日に行なうこととしました。(これが将棋の日制定の由縁)
    明治時代になり、十一世名人伊藤宗印、十二世名人小野五平と3家以外からも名人が
    出るようになりましたが、終身制のままでした。昭和10年関根名人は終身制を廃し
    て、実力による短期名人制とする改革を決断しました。昭和13年に関根名人は退位
    して実力制による第一期名人に木村義雄が就位しました。
    またそれ以前大正13年には東京将棋連盟が結成され、関根名人は名誉会長に就任し
    ていますが、後に関西の棋士も合流し、現在の日本将棋連盟へと繋がっています。
    現在の将棋界隆盛の礎となる実力名人制への移行、将棋連盟の結成を行なったことに
    より関根金次郎は「近代将棋の父」と言われています。昭和21年東宝珠花の生家に
    疎開療養中に77歳で亡くなりました。
    平成15年6月に野田市と合併した関宿町の旧庁舎をリニューアルした「いちいのホ
    ール」5階に平成16年4月「関根名人記念館」が開設されました。記念館には関根
    名人所縁の品々、将棋に関する文献・資料が展示されています。
    また「いちいのホール」の西隣には生家が、そこから50mほど北の共同墓地内には
    関根金次郎碑(上の写真、将棋の駒形の碑)、また碑の左手前にはお墓があります。