トップページ活動紹介お勧めコース入会ご案内
企画ツアーご案内 野田の四季 野田の文化財  野田の人物    リンク 
    
     お勧めコース:5つのお勧めコースの行程・地図・主な見どころとその説明を記載しています
     野田の四季 :トピックスで採りあげた野田の風物を季節ごとにまとめてご紹介しています
     野田の文化財トピックスで採りあげた野田の文化財をまとめてご紹介しています
     野田の人物 トピックスで採りあげた野田の人物をまとめてご紹介しています


  NEW! ガイドの申込みがパソコン・スマートフォンで
                           できるようになりました

                    (ガイド利用申し込みページからお申し込みください)
  NEW! トピックス 「山崎貝塚 (国指定史跡)
                  (このページの後半に掲載していますので、ご覧ください)
     トピックス 「東武鉄道野田線(アーバンパークライン)が
                            野田市内で高架に!」

                   (このページの後半に掲載していますので、ご覧ください)
      令和2年3月から3年2月に掲載したトピックスから
            野田の風物を「野田の四季」ページに転載しました


      チバテレの「はじめまして!僕、新浜レオンです!!」で
                              野田が紹介されました。

                   (このページの後半に掲載していますので、ご覧ください)

水と緑と歴史の街「むらさき(しょうゆ)の里 野田」を歩いてみませんか!                 

千葉県PRマスコットキャラクター
「チーバくん」は千葉県の形を
しています。
鼻の先の黒いところが野田です。
[千葉県許諾 第A1287-1号]
 野田市市民会館を拠点に活動するボランティアガイド
 グループ「むらさきの里 野田ガイドの会」がご案内い
 たします。
  ・街歩きガイド(予約制)
  ・土・日・祝日の市民会館常駐ガイド
  ・出前によるスライドガイド(予約制)
   (詳しくは活動紹介をご覧ください)

 最寄の野田市駅には東武鉄道野田線(アーバンパークライン)で、
 JR柏駅から20分(急行16分)、つくばエクスプレス流山
 おおたかの森駅から14分(急行11分)、JR大宮駅
 から43分(急行35分)、 東武スカイツリーライン春日部駅
 から21分です。
  お問合せ先
    〒278-0037 野田市野田370-8 野田市郷土博物館・市民会館   
TEL:04-7124-6851
FAX:04-7124-6866
   トピックス

   山崎貝塚 (国指定史跡)

 今月は市内山崎貝塚町に
 ある山崎貝塚をご紹介い
 たします。後方のツツジ
 と手前の説明板の間の土
 の部分が貝塚です。
 全国におよそ2400の
 貝塚がありますが、その
 うち千葉県には、その4
 分の1程度、約650の
 貝塚があります。野田に
 も47の貝塚があります。
 内陸の野田に貝塚が多い
 のは縄文時代、今から約
 6千年前に温暖化で海面
    が上昇して野田が海沿いとなったためです。山崎貝塚は2つの弧が向きあって谷を挟ん
    だ馬蹄型貝塚で直径が約130メートルの大型貝塚です。縄文時代の中期後半(約4千
    5百年前)から晩期中ごろ(約3千年前)にかけての貝塚で、土器、石器、人骨、獣骨、
    などが発掘されました。また貝層付近を中心に住居跡が数多くあり、貝層付近に集落の
    中心部をもち、長期間営まれ続けたことが分かっています。発掘でハマグリ、アサリ、
    カキなど海水産の貝が古い地層の土器とともに、ヤマトシジミなど海水と淡水が混ざっ
    た汽水産の貝が新しい地層の土器とともに見つかっています。汽水産の貝が見つかるの
    は、縄文後期から冷涼化で海が後退して山崎貝塚が川沿いになったためです。昭和51
    年に国の史跡に指定されました。

   東武鉄道野田線(アーバンパークライン)が野田市内で高架に!






 野田への鉄道でのアクセスにつ
 いては東武鉄道・野田線(アー
 バンパークライン)を利用して
 頂きますが、3月28日から同
 線の梅郷駅~野田市駅~愛宕駅
 ~清水公園駅間が高架となりま
 した。電車の運行は写真の右か
 ら左のように従来の地上線から
 その横に新設された高架線に切
 り替わりました。
 また高架化に伴って野田市駅と
 愛宕駅は高架駅として生まれ変
 わりました。駅周辺の再開発が
 行なわれているので、駅の工事
    は続きますが、それぞれの駅のユニークな外観は姿を現しました。



    左の野田市駅は高架下にはレンガ要素を施し、昭和初期に建築された旧野田町駅の
    雰囲気を継承するとともに、私達がご案内している興風会館や千秋社など地域に数
    多くある近代化産業遺産を象徴するような外観にしたとのことです。
    右の愛宕駅は江戸時代から明治時代、醤油の輸送に活躍した高瀬舟(外壁中央下部
    茶色の部分の船体と上部の帆を一体に表現)が江戸川の流れを未来へと進んでいく
    イメージを表現したとのことです。


  チバテレ(千葉テレビ)の「はじめまして!僕、新浜レオンです!!」で
                                野田が紹介されました。

    歌手の新浜レオンさんが県内各地を訪れるチバテレ(千葉テレビ)「はじめまして!
    僕、新浜レオンです!!」が野田で収録・放送されました。 収録では当会メンバー
    が野田の中央地区および関宿地区を案内しました。
 2月8日に「野田市散歩
 パート1」が放送されま
 した。レオンさんが野田
 の各所を訪ね、醤油の種
 類、製造、歴史などが紹
 介されました。当会メン
 バーは野田市郷土博物館
 や野田醤油発祥の地で醤
 油の歴史などを説明しま
 した。左の写真は野田市
 郷土博物館で説明を聞く
 レオンさんです。

2月15日には「野田市散歩パート2」が
放送され、関宿地区が紹介されました。当
会メンバーが関宿城博物館、光岳寺、實相
寺で関宿の歴史や太平洋戦争終戦時の総理
大臣鈴木貫太郎翁について説明しました。
左の写真は関宿城博物館前で「関宿さくら
まつり」に登場する甲冑隊の衣装を着けた
レオンさんです。

番組ホームページ https://www.chiba-tv.com/program/detail/1112

番組で紹介されたキノエネ醤油、醤油発祥
の地、郷土博物館など醤油産業に関連する
施設を巡る「醤油産業の歴史を訪ねるコース」
をこのホームページのお勧めコースで紹介
しています。
関宿地区については「関宿を訪ねるコース」
                        をお勧めコースで紹介しています。