トップページ活動紹介お勧めコースガイド利用申し込み入会ご案内
企画ツアーご案内 野田の四季 野田の文化財                  リンク                     
  トピックス「れんが蔵とけやき並木」
                            (このページの後半に掲載していますので、ご覧ください)  
     3月10日「第5回野田の街歩きツアー」を実施しました
                        (詳細については「企画ツアーご案内」ページをご覧ください)
     野田の四季ページに掲載済トピックスを追加しました
      (平成29年3月~12月のトピックスを追加しました。「野田の四季」ページをご覧ください)
水と緑と歴史の街「むらさき(しょうゆ)の里 野田」を歩いてみませんか!                 

千葉県PRマスコットキャラクター
「チーバくん」は千葉県の形を
しています。
鼻の先の黒いところが野田です。
[千葉県許諾 第A1287-1号]
 野田市市民会館を拠点に活動するボランティアガイド
 グループ「むらさきの里 野田ガイドの会」がご案内い
 たします。
  ・街歩きガイド(予約制)
  ・土・日・祝日の市民会館常駐ガイド
  ・出前によるスライドガイド(予約制)
   (詳しくは活動紹介をご覧ください)

 最寄の野田市駅には東武鉄道野田線(アーバンパークライン)で、
 JR柏駅から20分、つくばエクスプレス流山おおたかの森駅
 から14分、JR大宮駅から43分(急行37分)です。
  トピックス
 
    上の写真は上花輪歴史館周辺の風景です。
    上花輪歴史館は江戸時代初めの寛文元年(1661)に醤油醸造を始め、江戸
    時代を通じて上花輪村の名主を務めた旧家である髙梨本家邸が、歴史館として
    一般に公開されているものです。
    屋敷内には明和3年(1766)に建てられた門長屋、文化3年(1806)
    に建てられた書院などが現存し、書院を中心にして主屋ほかの建物および庭園
    が「髙梨氏庭園」として国の名勝に指定されています。

    上左の写真は上花輪歴史館の向い側にあって、醤油を醸造していた「れんが蔵」
    です。この「れんが蔵」は江戸時代から髙梨家が醤油醸造を行っていた辰巳蔵
    の跡地に昭和7年に建てられたもので、大変趣きのある建物です。
    煉瓦造りの蔵は醤油仕込みの際に温度や湿度を自然に調整するのに適している
    ということです。(現在、この蔵では醤油醸造は行われていません)
    上右の写真は上花輪歴史館から江戸川に続く道路沿いの立派なけやき並木です。
    この並木は「髙梨家庭園」の一部として国の名勝に追加指定されました。

    上花輪歴史館周辺はお勧めコース「3.しょうゆの街 江戸川沿いを歩くコース
    でご案内しているように見どころが数多くあります。
    野田の街なかから江戸川まで歩き、「醤油を醸造、江戸川の河岸まで運搬、河岸
    から江戸・東京まで舟で運んだ」往時を偲んでみてはいかがでしょうか。
    私たち「むらさきの里 野田ガイドの会」がご案内しておりますので、お気軽に
    お問い合わせください。

  お問合せ先
      〒278-0037 野田市野田370-8 野田市郷土博物館・市民会館内
        「むらさきの里 野田ガイドの会」
TEL:04-7124-6851
FAX:04-7124-6866