トップページ活動紹介お勧めコースガイド利用申し込み入会ご案内
企画ツアーご案内 野田の四季 野田の文化財                  リンク                     

  トピックス「愛宕神社の門松と本殿彫刻」
                           (このページの後半に掲載していますので、ご覧ください)

「野田の見どころツアー」を実施しました
                        (実施状況については「企画ツアーご案内」ページをご覧ください) 
 
  「野田の文化財」ページを新設しました
                           (上の「野田の文化財」ボタンをクリックしてください)
水と緑と歴史の街「むらさき(しょうゆ)の里 野田」を歩いてみませんか!                 

千葉県PRマスコットキャラクター
「チーバくん」は千葉県の形を
しています。
鼻の先の黒いところが野田です。
[千葉県許諾 第A1287-1号]
 野田市市民会館を拠点に活動するボランティアガイド
 グループ「むらさきの里 野田ガイドの会」がご案内い
 たします。
  ・街歩きガイド(予約制)
  ・土・日・祝日の市民会館常駐ガイド
  ・出前によるスライドガイド(予約制)
   (詳しくは活動紹介をご覧ください)

 最寄の野田市駅には東武鉄道野田線(アーバンパークライン)で、
 JR柏駅から20分、つくばエクスプレス流山おおたかの森駅
 から14分、JR大宮駅から43分(急行37分)です。
  トピックス
 

   新年と言えば門松ですが、野田愛宕神社では
   例年左の写真のように大変背の高い門松が飾られています。氏子会の皆さんが作られる
   のですが、日本一の高さの門松ではないかと言われています。
   愛宕神社は火の災難を防ぐために京都の愛宕の里から加具土命(火伏の神)の分霊を
   祀って氏神とし、延長元(923)年に創建されたと言われています。
   その本殿は文政7(1824)年に再建され、本殿の壁や柱の至る所に右側の写真のような
   神話や唐子遊びをモチーフとした彫刻が施されており、これらは「匠の里」といわれる
   上州花輪村(現在の群馬県みどり市)出身の名工石原常八によるものです。
   右下の写真の彫刻は「軍鶏を籠に追いやる唐子」が施されていますが、「かごめかごめ
   の歌」の元となったのではないかとも言われました。
   本殿は千葉県指定の有形文化財になっています。
   また愛宕神社周辺はお勧めコースの「2.しょうゆ産業の歴史を訪ねるコース」で
   ご紹介しているように見どころが数多くあります。
   私たち「むらさきの里 野田ガイドの会」がご案内しておりますので、どうぞお問い合
   わせください。

   「野田の四季」ページ新設
   昨年3月のホームページ開設以来、月1回更新してきたトピックスの昨年3月から
   今年2月までの掲載分を「野田の四季」としてまとめました。どうぞご覧ください。

  お問合せ先
      〒278-0037 野田市野田370-8 野田市郷土博物館・市民会館内
        「むらさきの里 野田ガイドの会」
TEL:04-7124-6851
FAX:04-7124-6866