トップページ活動紹介お勧めコースガイド利用申し込み入会ご案内
企画ツアーご案内 野田の四季 野田の文化財   リンク  
    
     お勧めコース:5つのお勧めコースの行程・地図・主な見どころとその説明を記載しています
     野田の四季 :トピックスで採りあげてきた野田の風物を季節ごとにまとめてご紹介しています
      野田の文化財トピックスで採りあげてきた野田の文化財をまとめてご紹介しています

  NEW! トピックス 「 キノエネ醤油」 
                  (このページの後半に掲載していますので、ご覧ください)
 
水と緑と歴史の街「むらさき(しょうゆ)の里 野田」を歩いてみませんか!                 

千葉県PRマスコットキャラクター
「チーバくん」は千葉県の形を
しています。
鼻の先の黒いところが野田です。
[千葉県許諾 第A1287-1号]
 野田市市民会館を拠点に活動するボランティアガイド
 グループ「むらさきの里 野田ガイドの会」がご案内い
 たします。
  ・街歩きガイド(予約制)
  ・土・日・祝日の市民会館常駐ガイド
  ・出前によるスライドガイド(予約制)
   (詳しくは活動紹介をご覧ください)

 最寄の野田市駅には東武鉄道野田線(アーバンパークライン)で、
 JR柏駅から20分(急行16分)、つくばエクスプレス流山
 おおたかの森駅から14分(急行11分)、JR大宮駅
 から43分(急行35分)、 東武スカイツリーライン春日部駅
 から21分です。

   トピックス

   キノエネ醤油   [経済産業省 近代化産業遺産]

 醤油の街と言われる野田には江戸時代から
 明治・大正にかけては数多くの醸造元があ
 りましたが、現在は3つの会社が醤油醸造
 を行っています。
 そのうちの一社であるキノエネ醤油は創業
 が天保元年(1830)と言われる歴史ある
 醸造元で、天保11年版の関東醤油番付に
 も白木平兵衞家として載っています。
 キノエネの社名は陰陽道の五行十干(甲・
    乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)と十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・
    未・申・酉・戌・亥)を組み合わせた60組の一番最初の「甲(きのえ)子(ね)」
    から付けられたとのことです。
    キノエネ醤油は野田の中心部で醤油醸造を行っていますが、「キノエネ醤油工場群」
    が平成19年に経済産業省の近代化産業遺産に認定されました。
    また令和2年3月には国の文化審議会が、「キノエネ醤油 事務所兼主屋・旧火入場
    及び変電室」を登録有形文化財(建造物)として登録するよう文部科学大臣に対して
    答申しました。
    木造二階建ての事務所(上の写真)は明治30年の建築で、その東側に木造二階建て
    の主屋が明治36年に増築されました。事務所兼主屋と東側に続く黒い板塀の景観は
    レトロな雰囲気を醸し出しています。
    旧火入れ場は大正10年に建築された鉄筋コンクリート造り3階建ての建物で、野田
    市内で最初期の鉄筋コンクリート造りの建物です。
    (火入れ:醤油醸造において加熱し微生物を取り除き、色・味・香りを整える工程)

   お問合せ先
      〒278-0037 野田市野田370-8 野田市郷土博物館・市民会館内
        「むらさきの里 野田ガイドの会」
TEL:04-7124-6851
FAX:04-7124-6866